短期間で痩せる方法

食事を減らすこととカロリーを減らすこと

ダイエットに食事制限はつきものですが、食事制限をするだけでは健康的に痩せることはできません。まず、食事制限と言ってもきちんとカロリー計算をしたり、主食、主菜、副菜などを基本としたバランスのとれたメニューを考えて食事を摂っている場合なら問題ありません。

 

しかし、大抵の場合は単純に食べる量を減らすだけで、栄養バランスまでは考えていないのではないでしょうか。

 

単純に食事を減らすことの危険性

今まで食べていた食事量を減らせば、1日の総摂取カロリーはその分抑えられますから、当然、体重は減っていくかそれ以上は増えないという形になるでしょう。

 

しかし、それは一時的なものであって、食事を減らしたり食べない方法を続けていくと必ず栄養不足になってしまいます。私たち人間の体には欠かせない栄養素というものがあります。たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルが五大栄養素と呼ばれ、これらの栄養素が私たちの身体にとってとても重要な役割を持っています。

 

もちろん、これだけではなく様々な働きをする栄養素はたくさんあります。食事をおろそかにすると、それらが足りなくなり体調不良を引き起こす原因となります。

 

身体を動かすためのエネルギーとなるものや、代謝を促すものであったり、生命を維持するために欠かせない存在です。人間の体内で作り出すことができない栄養素もあるので、食べ物から摂取する必要があるのです。

 

健康的に痩せるために

ただ体重を落としたい、痩せられればいいと思っても、食事を摂らない方法で痩せた場合、残念なことに痩せにくい体質になってしまうと言われています。

 

基礎代謝というのは、何もしなくても消費するエネルギー量を差します。基礎代謝は筋肉量に関係しているのですが、栄養が不足すると筋力が落ち、結果として基礎代謝量も減ってしまいます

 

ですから、消費されないエネルギーが脂肪として身体に蓄えられてしまい、結果的に太りやすい体質になってしまうというわけなのです。

 

健康的に痩せるためには、身体に必要な栄養素はしっかりととりながら、1日の摂取カロリーを減らす方法が良いと言えます。

 

短期間でのダイエット後はリバウンドとの戦いの記事へ