短期間で痩せる方法

夏は痩せやすいのか

夏痩せなどと言う言葉があるように、一般的には夏になると汗をかいたり食欲が落ちたりするので、夏は痩せやすいというイメージがあるのではないでしょうか。ところが、ダイエットをするには夏は痩せにくいと言われています。

 

ダイエットをするのによく言われる基礎代謝量というのは、何もしなくても消費されるエネルギー量のことですが、夏は気温が高いため、少ない消費エネルギー量で体温を維持できるのです。

 

反対に冬は外気との温度差があるため、消費エネルギー量も多くなり、基礎代謝量も増えるというわけなのです。ですから、夏は基礎代謝が低くなり痩せにくい状態であると言えます。

 

夏に注意すること

暑くなるとつい、冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎてしまいます。水分摂取はとても大切ですが、摂り過ぎもよくありません。むくみの原因になったり、糖分のある飲み物を飲んでしまうと当然太る原因になります。

 

エアコンの効いた部屋にいるだけで身体は冷えてしまいますが、冷たい飲み物やアイス類などは、お腹から冷やすことになります。身体が冷えると血液の循環も悪くなりますから、冷たい飲み物ばかりではなく、温かい飲み物や常温など身体を冷やしすぎないように注意しましょう。

 

また、汗をかいているからエネルギーを消費していると思いがちですが、暑い時にかく汗は体温調節によるもので、運動をしてかく汗とは違います。夏バテ防止だからと、スタミナをつけるために高カロリーのものを食べることもあるかと思いますが、適度には良いですが食べすぎには注意しましょう。

 

夏はイベントも多いですから、飲食の機会も増えます。生活リズムも乱れやすいですから、太りやすい環境にあると言えます。バランスのとれた食事や睡眠を心がけるようにしましょう。

 

夏太りの解消法

 

入浴

夏はエアコンや食べ物などで、意外と自分の身体が冷えています。シャワーで済ませる人も多いと思いますが、入浴することで身体を温めるようにしましょう。冷えた身体では血行も悪く、代謝が低下してしまい、痩せにくい身体になってしまいます。

 

食事

夏はさっぱりした食べ物や、反対にスタミナをつけようとこってりした食べ物など、極端な食事になりやすいです。汗をかくとビタミンやミネラルが失われやすく、不足すると脂肪の燃焼がスムーズにいかなくなります。

 

麺類ばかりになったり、焼肉やうなぎなど高カロリーの食事ばかりでなく必ず副菜を食べるように心がけましょう。