短期間で痩せる方法

置き換えるタイミング

置き換えダイエットは1日3回の食事のうち、1食から2食をダイエット食品に置き換える方法です。

 

私たち日本人の食事内容は、夕食が一番ボリュームが多く摂取カロリーも高くなりがちですから、夕食を置き換えることが一番効果的と言えます。しかし、夕食でなければいけないということはなく、自分の都合に合わせて置き換えることができますので、その点についてもメリットと言えるのではないでしょうか。

 

朝は忙しいですから、朝食をダイエット食品に置き換えれば手軽で時間短縮にもなりますし、昼食の置き換えであれば、お弁当を用意する手間も省けます。

 

このように、自分の生活スタイルに合わせて行えますので、とても手軽で続けやすい方法だと言えます。

 

手軽で便利な置き換えダイエット食品

また、置き換えダイエット用の食品を使用せずに自分でカロリー制限を行う方法もありますが、カロリー計算をすることはとても大変です。また、それを元に自分でメニューを考えたり、実際に調理したりととても手間がかかります。

 

今では置き換えダイエット食品も種類が豊富ですから、食事タイプのものやドリンクタイプ、デザート風のものなど、ご自分の好みで選んだり、日によって変えることもできます。

 

毎日の食事作りだけでも大変なことですから、ダイエットメニューを苦労して考えるよりも、上手にダイエット食品を取り入れることで、楽しみながら継続していくことができます。

 

置き換えダイエットで減らせるカロリー

置き換えダイエットのための食品は、種類が豊富ですからすべて同じではありませんが、1食当たりのカロリーは100から200キロカロリーのものが多いようです。中には1食100キロカロリー以下というものもあります。

 

通常の食事ですと、和食や洋食ではカロリーも異なりますが、500から900キロカロリーにもなります。1食100キロカロリーのダイエット食品に置き換えれば、1回の食事で400キロカロリー以上抑えることが可能です。

 

運動で同じだけのカロリーを減らそうとすると、ウォーキングならば2時間する必要がありますから、置き換えダイエットは継続しやすく効果も感じやすい方法であると言えます。

 

置き換えダイエットの効果のあらわれ方の記事へ