短期間で痩せる方法

短期間で成功しやすいダイエット法

ダイエットを考えている人にとって、どのようなダイエット方法を選ぶかはとても重要なことでしょう。

 

ダイエットで大切なことは、効果が出やすいことや身体に無理な負担をかけないことなど、精神的にも肉体的にも継続しやすい方法であることが挙げられます。

 

ダイエットに関して調べてみると、数え切れないほどの方法が紹介されています。どの方法が効果的で継続していけるのか、どれを選んだら良いのか難しいと感じるのではないでしょうか。短期ダイエットの代表的な方法として、「置き換えダイエット」と「ファスティング」があります。

 

置き換えダイエットの効果

 

置き換えダイエットというのは、1日3食の食事のうち1食ないし2食をダイエット用の食品に置き換えるというものです。

 

通常の食事をダイエット食品に置き換えることによって、摂取カロリーを減らすことができるため、食事を抜いたり食べる量を減らすよりも無理せずにダイエットをすることができます。

 

ヘルシーだと言われる和食でも1食あたり500キロカロリーほどですが、置き換え用のダイエット食品ですと、1食当たり150キロカロリー前後のものが多く、1食置き換えるだけでも300から400キロカロリーも減らすことができます

 

普段から、味の濃い食事や揚げ物を食べている人であれば、もっと多くのカロリーを減らせることになります。

 

置き換えダイエットのメリットの記事へ

 

ファスティングの効果

 

ファスティングというのは「断食」を意味しますが、まったく何も食べないということではなく、専用のドリンクや補助食品を取り入れ必要なビタミンやミネラルなどを摂取しながら行います。

 

ファスティングは、食事量を減らして摂取カロリーを抑えるだけでなく、固形物を摂取しない時間を作り、胃腸などの内臓器官を休めることで体調の改善にもつながります

 

食事量を減らすだけのダイエットでは、栄養バランスが偏ったり不足しがちですが、置き換えダイエットやファスティングは、栄養バランスを欠かすことなく摂取カロリーを減らすことができる効果の高いダイエット方法と言えます。

 

ファスティングのメリットの記事へ


短期間で痩せることのリスク

ダイエットをして痩せたいと考えている人の多くは、できるだけ時間をかけずに、楽に痩せたいと考えているようです。誰でも、苦労せずに結果がすぐに出したいと思うのは当然のことでしょう。しかし短期間で成果を求めると、結果的にとてもリスクが大きくなります

 

置き換えダイエットやファスティングを行うと、比較的短期間で徐々に効果があらわれてきます。

 

それでも、置き換えるペースを1日1食から慣れてきたら2食にしていったり、ファスティングを行う場合でも、ファスティングを行う日の前後数日に準備期間が設けられていたりと身体や精神的な状態を徐々に慣らしていくようなプログラムになっています。

 

リスクのある短期間で痩せる方法

しかし、急激に痩せるためには、激しい運動をしたり無理な食事制限をしたり、身体に負担をかける方法が目立ちます。実際、すぐにでも痩せたいという人は、このような方法を選んでしまいがちです。

 

実際に、何も食べない、飲まないなどの方法をとれば、その時だけは確実に痩せるでしょう。また、下剤などを飲んで無理やり身体の中の不要なものを出してしまうなど本当に体重のみを減らしたくてやっている人もいるかもしれません。しかし、このような方法は決して健康的とは言えません。

 

短期間で痩せるための方法は、このように身体に無理な負担をかけるものが多く、続けていくことで体力が低下し日々の活動に支障をきたす原因にもなります。学生でも社会人でも、まともに通勤通学ができなくなるような体調不良になってしまう可能性もあります

 

落ちるのは体重だけではない

また、体重が落ちるということは都合よく脂肪ばかりが落ちているわけではなく、筋肉量も減少してしまうのです。筋肉量が減ると、疲れやすい身体になったり新陳代謝が落ちて基礎代謝も落ちてしまうという悪循環になってしまいます。

 

身体に負担をかけるということは、精神的にも負担になります。ストレスによってダイエットが逆効果になってしまうこともありますから、短期間で急激に痩せるようなダイエット方法はとても危険です。

 

どうしても短期間で痩せたいという場合は、1ヶ月ダイエット計画の方法のように、しっかりとしたプランを練り、栄養が不足しないように気をつけることが大切です。短い期間の方が楽なように感じるかもしれませんが、栄養に関する知識を元に入念に計画を立てないと失敗してしまうリスクの高い方法だと言えます。


ダイエット補助の食品

ダイエットメニューを自分で考えて作ることはとても素晴らしいことだと思いますが、負担に感じることもあるのではないでしょうか。

 

今ではダイエット補助の食品がインターネットやドラッグストアなどにたくさんありますので、上手に活用するとダイエットも成功しやすくなると思います。

 

ダイエット補助食品には、食品タイプやドリンクタイプ、サプリメントなどがあります。

 

サプリメント

サプリメントは、脂肪を燃焼させるものであったり、身体に溜まったものを排出させるものなど、食事量や摂取カロリーをコントロールするというよりは、体質改善の補助的な目的ということになると思います。

 

食品タイプ

食品タイプについては細かく見てみると、クッキーやゼリーのようなお菓子などのおやつタイプであったり、お米などのご飯ものや麺類などの食事タイプなど種類も豊富です。

 

 

ドリンクタイプ

ドリンクタイプにも色々な種類があり、シェイクのようなデザート感覚でいただけるものや、スープタイプなどの食事感覚でいただけるものがあります。また、栄養がたっぷりと含まれている酵素ドリンクなどもあり、味や種類が数多く用意されているのが特徴です。

 

ダイエット補助食品を取り入れよう

食品タイプやドリンクタイプを上手に活用すれば、同じメニューばかりでなく色々な種類を利用することで飽きずに続けられるのではないかと思います。また、そのまま食べたり飲んだりできるものや、お湯や水に入れるだけといった手軽さもあり、忙しいから続けられないということもないでしょう。

 

また、味や見た目だけでなく満腹感を得られるような工夫がされていますので、空腹に耐えられずに挫折してしまうということも心配ないようです。

 

そして、一般的にダイエット食品は高いというイメージがあるようですが、コンビニ弁当を買ったり、外食をしたりと考えると同等かそれ以下のコストで済みます

 

栄養バランスやダイエット効果をしっかりと考えて作られていますから、自己流でダイエットを進めるよりも、ダイエット補助食品を有効活用することもダイエット成功への近道になるのではないでしょうか。